「占いと私」リターンズ☆その2

 

 

≪いつになったら完結すんねん!≫

 

私が「占い」というもの、そして西洋占星術にめぐり会うまでの

Me & Fortune telling的なパーソナルヒストリー、『「占い」と私』です。

 

☆大人になってからの占いとの関わり

~オカルトから健康オタクへ、そして親友の死

 

大学生を卒業し、社会人になり、結婚して母になり、、、

と時を経て占いやオカルトにだんだん興味が薄らいでいきました。

悩みもあったとは思うけど、それよりも毎日が充実して夢があったし

その夢がかなわないなんて思いもしないくらい若かった日々でした。

 

娘が小さいうちは、オカルトより健康を意識してか、インドのアーユルヴェーダの書籍を読み漁り

その中でインド占星術に興味があって一度だけ鑑定をお願いした覚えはあります。

でも、なんかピンと来なくてそれっきりでした。

 

26歳で娘を産んだのですが、妊娠8か月までフルタイムで会議運営の仕事をしていました。

ところが8か月の検診でドクターストップがかかり

「明日から立ち上がっても歩いてもダメ!」と言われ、突然の寝たきり生活が始まりました。

 

勤めていた会社にはワーキングマザーの先駆けになってくれと言われましたが

生まれた娘も次々病気をする子で、とてもじゃないけど無理でした。

 

私のホロスコープは円の上半分に天体が9つ集中しています。

下半分には木星1つだけです。

こういう星回りの人は家にじっとしていることができません。

社会の中で、自分以外の人々と関わっていくことが自己実現に必須なのです。

 

そんな私にとって狭いマンションで病気ばかりして、夜泣きのひどい娘とだけ向き合う毎日は

本当に苦しいものでした。

 

娘がこの世で一番大切でいとしい存在であることは間違いないけれど

家の中で子育てしているだけでは「自分」が存在しないも同様だからです。

 

そんな自分は良い母親じゃない、人間失格なんだと悩みました。

公園に行っても「◎◎ちゃんのママ」でしかなく、学生時代の、仕事していた時の

あのイキイキしていた私はどこ?

一体私は何のために生きているの?

っていうか、生まれてきたことが間違いだった?

だって、子育てなんて全然楽しくないもん!

 

・・・ぐるぐる考えても答えは出ないし、近くに親しい友人もいない・・・

 

たった一人、誰よりも信頼できて、本当のお姉さんのように優しくしてくれた

京都に来てからできた大親友がガンで亡くなってしまったのです。

同じような子育ての悩みを打ち明け合って、励まし合っていた人が

ある日突然この世から消えてしまい、それ以来かなり長いこと

泣き暮らす日々が続きました。

 

 ≪ここからCM≫

。。。そんな日々からなんとか浮上し

現在の私は英語の先生と占星術セミナー/カウンセリングをやっておりますよ♪

8月からの占星術セミナーベーシック6時間インテンシブと

カウンセリングもよろしくね!\(^o^)/

 

love astrology

 

 

 



ページ上部へ戻る