何度目?かもう自分でもわからない「占いと私」リターンズ

ステラフォルテのブログを以前の旧HPから読んでくださってる方は

いい加減にしろよ!と思われるかもしれませんが。

 

未だエンディングを迎えていない人気?コンテンツ

「占いと私」

再チャレンジです(笑)。

 

だって早く書いてしまわないと

もう忘れかかってるもん!

 

ではでは

 

 

私が「占い」というもの、そして西洋占星術にめぐり会うまでの

Me & Fortune telling的なパーソナルヒストリー、『「占い」と私』です。

 

☆その1

 

子どもの頃から不思議なこと=オカルト的なことが大好きだったことは

プロフィールに書きました。

ここではより具体的に、「占い」と私の関わりを振り返ろうと思います。

 

☆☆☆

 

私はいろいろな占い、占い師の先生たちと出会い

そして自分でも占いを勉強することによって

悩みが解決し、自分らしい人生を生きる第一歩を踏み出すことができました。

今から私が書くことによって、今まさに悩みの真っただ中にある方たちが

周囲からの影響、あるいは強制によって作られたものではない、

本当の自分、真に自分らしい人生に目覚めるためのヒントになれば幸いです。

 

☆子ども時代、初めての占いはタロットカード

 

初めて「占い」というものを知ったのは、小学校高学年の頃。

一人っ子の私にとってはお姉さんのようだった7つ年上の従姉妹が

 

「コレ、面白いんだよ~、自分だけでなんでもわかっちゃうんだよ!」

 

と、「タロット占い」をやってみせてくれたのです。

 

「A子(従妹)の明日のデートはうまくいきますか?」
「Y田くんはA子のこと、ほんとに好きですか?」

 

など、女子高生らしい他愛ないことを占って、キャッキャ喜んでました。

その従姉妹は幼いころの私にとっての絶対的ロールモデルで

彼女のやることはなんでも真似していたので

早速本屋さんで同じようなカード付のタロット本を買ってもらいました。

高校生のころまでそのカードで占っていたと思います。

 

いま思い出しましたが、タロットの前は小学生らしく「コックリさん」で

「megのコックリさんは当たる」とクラスでは評判でした。

やはり、太陽、水星、海王星コンジャンクションで9ハウスですから

素質があったんですね(笑)。

 

それと、卒業文集の担任の先生から私への一言が

 

「これからも皆の良きアドバイザーでいてください」

 

でした!

 

さそり座は天性のカウンセラー、アドバイザーと言われますから

小6の頃から無意識に発揮していたのでしょう。

 

~つづく~

 

☆強制特典映像☆

小学校2年生の時、マルチーズのじゅりがウチにやってきました。

ひとりっこの私にとっては弟であり親友でしたが

毎日、じゅりとべったりくっついて過ごしながら

「この日々は永遠には続かない、必ずじゅりのほうが

私より先に死ぬんだ。その日は必ずやってくる」

とわかっていて(→祖父母、叔父叔母の家には全部犬がいたので

犬は人間より先に死ぬと知っていました。)

「その日」のことを思うと悲しくて、よく親に隠れて泣いていました。

水星さそり座丸出し(笑)。。。

 

あー可愛い(爆)→自分で先に言う。

IMG_0701

 

「その日」はなんと ↑ から16年後

私が結婚して京都に来た年の大文字送り火の日でした。。。

そしてその日、たまたま私は実家に里帰りしていて

じゅりと永遠のお別れをしたのでした。

 

 

 



ページ上部へ戻る