2018年 9月

年の瀬の京都

今晩、遠くの街に嫁いだ娘が帰郷するのと

明日は私の実家に帰る準備のため あちこちお買い物に回りました。

まずは、母のリクエストで花びら餅を買いに 今出川を東に向かい、鶴屋吉信本店へ。

 鶴屋さんのウィンドウディスプレイは 一年を通じていつも美しいので大好きです。

 

 

 4DBBAFED-DF46-4785-853A-F127AA93EECE

バスで前を通る時は必ずチェックします。

お正月のお菓子には 本当は「福は内」が私は好きなのですが

まあ、老い先短い人の好みを優先しましょう。

 

西向きのバスに乗って千本今出川で降りると 私の好きな、京都の暮れの風景が。

 

772F4563-FA79-46A7-8F45-E33AF1253EDD

28日くらいから 街角のあちこちのお饅頭屋さんで たくさんの鏡餅が並びます。

私は昔から、いつも行くスーパーで売られる つきたての小さめの鏡餅と

葉付きのおみかんを買っていましたが

2〜3年前からパックのお餅にしました。

カビが嫌で…

 

 50年前は、祖母や叔母が

お餅を入れた大きなタッパーのお水を毎日替えて、

カビが生えたら綺麗にとって

おぜんざいも作って鏡開きをしましたが

そんな季節の習わしも

記憶の中の出来事になってしまいましたが

毎年、 暮れにお饅頭屋さんに並ぶお餅を見ると

懐かしい思い出が生き生きと蘇ります。

 

0〜6歳頃は占星術では 「月」の発達する年齢域です。

6歳までの経験や記憶は表層意識から消えても

無意識層=ホロスコープにおける月からは 消えることがありません。

この頃の美しい、あるいは楽しい思い出や

体験を思い出すことは 自分を癒すことにも繋がります。

 

さて、娘が帰ってくるまでに お掃除と晩ご飯の用意をしなくては♪

思い出タイムを切り上げて

作業に戻るとしましょう。

 

天神さん(北野天満宮)も 戌の絵馬で準備おっけー\(^o^)/

 

IMG_5862

 


☆年末年始休業のお知らせ☆

12/27~1/8まで

個人カウンセリングとセミナーのお問い合わせ

受付をお休みさせていただきます。

 

セミナーの授業はしていますので

お申し込み済の生徒さんはお越しください。

 

 

pixta_14211613_M

 

 

 



ページ上部へ戻る