お問合わせ

ブログ

西洋占星術に基いたカウンセリングとセミナーは、ステラフォルテ京都へ

宇多野・望月荘

〒616-8208
京都市右京区宇多野

妙心寺教室

〒616-8013
京都市右京区谷口唐田ノ内町

カニ踏んづけちゃったら死んじゃった…命を賭けて友の窮地に駆けつけたアツいやつw★

ワンデイ講座やってます♪

 

太陽は蟹座を旅しています。

今日は蟹座にまつわる神話についてお話しようと思います。

 

勇敢な…でも、不憫なような、

だがしかし

間違いなく、大事な仲間のためなら自分の命をも投げ出す

アツい奴、それはカニちゃん♪

 

むかしむかし、「最強の人間」と讃えられた

半神半人の英雄ヘラクレス。

彼の父は神々の王、ゼウスなのですが。。。

 

そう、もうおなじみの色好みの大神ゼウスw

(綺麗なオネエチャンに近づく動物はゼウスと思えシリーズ)その1

(綺麗なオネエチャンに近づく動物はゼウスと思えシリーズ)その2

 

ヘラクレスのお母さんはゼウスの愛人

ミュケナイ王家の姫、アルクメネ。

アルクメネの元に偲んで行ったときは

なんと、アルクメネの婚約者の姿に化けていったとか!

神様のわりにやり口がキタナイw

(だってうちのカァチャン(王妃ヘラ)怖いんだもんbyゼウス)

 

当然、ヘラクレスのことをゼウスの妻、王妃ヘラが

可愛いと思うわけがありません。

 

ヘラの奸計に嵌められ

ヘラクレスは様々な試練というか無理難題をふっかけられ

そのうちの一つが

猛毒を持つモンスター、ヒドラの退治だったのです。

 

ヒドラは9つの首を持つ怪物で(ヤマタノオロチより一本多いw)

その首は強力な再生力があるので

切っても切ってもどんどこ生えてきます。

 

が、対するヘラクレスも地上最強の人間と讃えられる怪力の大男

しかも、彼は筋肉だけのオトコではなく

頭もスマートでした。

 

従者の力も借りながら、互角に怪物と戦うヘラクレスを

物陰からじっと見ている怪しい影。。。

 

そう、やっと今日のお話の主人公、大蟹カルキノスの登場です!

登場してあっという間に終わるんですけど!

(だから前フリが長いw)

 

怪物ヒドラと仲良しだった大蟹カルキノス

盟友のピンチを見て、今でしょ!

とヘラクレスの足をチョッキンしてやろうと飛び出します!

 

ま、カルキノスも蟹としては巨大なお化け蟹だったのだけど

相手は半神半人の英雄ヘラクレスですんで。

 

グシャッと踏み潰されて一貫の終わり。

 

この戦いに大蟹カルキノスを参戦させたのは

王妃ヘラという説もありますが

とにもかくにも、友情にアツい勇敢な蟹を可哀相がって

神々が夜空に輝く蟹座として天に上げてやった、

というのが蟹座にまつわる神話なのです。

 

ちなみにヒドラはウミヘビ座になりました。

 

日本のさるかに合戦の蟹のほうが賢いというか

機転が利くというか、勝ち組ですが(笑)

ギリシャ神話も日本昔ばなしも『蟹は友情にアツい』、

という点では一致していますね。

 

オレも太陽蟹座

おかーさんのためならエンヤコラ!(スベること多し byまる母meg)

img_3422.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ上部へ戻る