お問合わせ

ブログ

西洋占星術に基いたカウンセリングとセミナーは、ステラフォルテ京都へ

宇多野・望月荘

〒616-8208
京都市右京区宇多野

妙心寺教室

〒616-8013
京都市右京区谷口唐田ノ内町

占星術と神話〜牡牛に化けたゼウスにさらわれたお姫様エウロペ

ステラフォルテ占星術セミナーベーシック

占星術とパーミストリー

募集中です♪ 

 

*****

 

西洋占星術と深い関わりを持つ

ギリシャ神話、ローマ神話の登場人物について

書いてみようと思います。

 

*****

 

ウカウカしてたら今日、太陽は牡牛座に入ったので

牡牛座つながりで

浮気者のギリシャの神々の王ゼウスが

牡牛に姿を変じてかどわかした

フェニキアの王女エウロペがトップバッターです。

 

*****

 

いずれのおんときにやあらむ(いきなりのパクリw)

とりあえずめっちゃ昔。

 

フェニキア(今のレバノンあたり)の王女エウロペは

ある日、海辺で侍女たちと水遊びをしていました。

するとそこへ、それはそれは美しい白い牡牛がやってきて

エウロペと遊び始めました。

 

とてもおとなしいのに人懐っこいその牡牛が

「おひめさま、おいらの背中に乗ってごらんよ」

というそぶりを見せたので

つい、牡牛にまたがってしまったエウロパ。

 

するとなんということでしょう、

牡牛はエウロペを背中に載せたまま

ぐいぐいとスイスイと沖へ向かって

海の波間を滑るように飛ぶように

すごいスピードで走っていってしまいました。

 

侍女たち大パニックw

しかしなすすべなし。

エウロパのオトウサン、フェニキア王も

二人を追跡するよう息子たちに命じますが。。。

 

その白い牡牛は天界いちの浮気モノ

オリュンポスの神々の王であるゼウスだったのです。

 

ゼウスにはこわーい奥さんの女神へーラーがいたので

浮気がバレないようにいろいろな動物に姿を変えて

おねいちゃんハンティングに精を出していたのです。

 

この日は白い牡牛に姿を変えて

かねてから目をつけていたプリティプリンセス

エウロペをさらったのでした。。。

 

ゼウスはあまりのことに顔面蒼白で泣きじゃくる(たぶんw)

エウロペを背中に載せたままクレタ島まで連れ去り

めでたく結婚します。

二人がフェニキア王の追っ手から逃げ回った場所が

「ヨーロッパ」=欧州の名前のもとになりました。

(綺麗なおねいちゃんを手に入れるためにどんだけ走り回ったんやw)

 

また、ヨーロッパという地名以外にも

木星(Jupiter→ジュピター→ゼウス)の第二惑星も

エウロパと名付けられています。

 

ゼウスとエウロパの間には3人の息子が生まれ

そのうちの一人がクレタ島の王ミノスです。

オトウサンは神々の王、オカアサンは人間とはいえプリンセス

なかなかの高貴な血筋の子どもたちではありますが

ミノスの息子ケンタウロスは暴れん坊の怪物ですw

(その話はまたの機会に)

(またの機会多すぎ疑惑)

 

とにもかくにも、これが牡牛座の始まり♪

 

ステラフォルテ占星術と神話あるある①

「美しい動物が綺麗なおねいちゃんに近寄ってきたらゼウスと思え。」

どーんだけーーーw

 

 

『天上の住人を夫に迎えたりせずにすみますように。

 ゼウスから逃げるすべなどないのです』

    アイキュロス「縛られたプロメテウス」

 

 

 

そこの綺麗なおねいさん、オレに乗ってごらんよ♪

(おのれ、お前ゼウスか!)

img_9099.jpg

 



ページ上部へ戻る