朝日を浴びよう\(^o^)/

asahi

 

実家の両親が

40年以上住み慣れた一軒家を手放し

2LDKの公団住宅に引っ越して

2週間とちょっと経ちました。

 

先週末、2泊してきたのですが

ビックリしました。。。

 

両親はともに80歳で

二人とも平均以上に強い人たちではあるのですが

引っ越す前はここ数年、父のほうが老化が著しく

また、もともとネガティブな性格なので(笑)

毎日、息を吐くたびに死ぬ死ぬ苦しいもうだめだ。。。

と言うので

顔を合わせるのが本当に憂うつだったのですが。

 

引っ越した先の部屋で、元気にシャキシャキ動き

私がいた二泊三日の間

一度も死ぬ死ぬ苦しいもうだめだ、言いませんでした!

 

これは。。。

 

ソーラーパワー、特に「朝日」のせい違いない!

と私は思うのです。

 

引っ越した部屋は(いわゆるURであ~る♪のリニューアル物件です)

11階建ての5階なのですが

高台に立っているので、景色だけはタワマン中層階みたいで

さらに東側に大きな窓があるので

朝日がガンガンに入って寝坊できないのです(笑)。

 

父の部屋にも朝日がカーーーーン!と当たるので

7時ごろには起きて、窓を開けて空気を入れ替え

おふとんをたたんで

顔を洗って着替えて、7時半にはおはよう!と

元気よく起きてきました。

 

先月まで、ヨロヨロして死ぬ死ぬ言ってたのに。。。

やっぱりお天道様のチカラってすごい\(^o^)/

 

私自身も、更年期障害がひどくて

2015年と16年の2年間

ほとんど家で寝ていたのですが

 

娘がお嫁に行って空いた部屋に移ったら

カーテンの隙間から入る朝日で目が覚めるようになり

起きて、窓を開けてソーラーパワーを目に入れ

深呼吸で一日を始めるようにしたら

すごい勢いで元気になったのです。

 

人間が元気に生きていくためには

太陽の光と熱、そして酸素が必要です。

 

占星術では、太陽は人生の方向性や生命力

社会における理想の姿、要するに

「あそこが輝いているよ!行ってみたいなあ!」

と思う場所です。

 

男性の場合は、自分のホロスコープの太陽の質(12サインの性質)を

仕事に投影することが多いのですが

父のようにサラリーマンだと、「定年」というもので

いったん太陽を見失うわけです。

 

40年以上、ほとんど休みもなく

(高度経済成長期の典型的企業戦士です)

打ち込んできた仕事=太陽がある日突然

自分の生活から姿を消すのですから

それはもう大変な喪失感でしょうね。

 

そして私自身も週4日、14年間続けた仕事を辞めたことで

太陽を見失ったのでしょう。

 

それを、この現実世界に毎朝登ってきてくれる

太陽系の中心である太陽、しかも登りたての(笑)

朝一番のフレッシュな太陽と酸素を体内に入れることによって

太陽=人生、生命力を自分に取り戻せたのだと思います。

 

美容上の問題で、太陽光線、紫外線が避けられるのが世の中の流れですが

お天道様、特に朝日は

当たったほうがいいと私は思うのです。

 

日焼けが嫌なら日焼け止めを塗って、帽子をかぶればいいじゃないですか☆

(私は「美白の騎士団長」も標榜しています(笑))

 

体調がすぐれない、なんか人生うまく行かない

そんな時は朝日を浴びて、朝の空気を深呼吸してみてください。

きっといい方向に向かうはずです。

 

 

himawari



ページ上部へ戻る