蠍座ストーリー完結で京都を去る友人

昨日、もうすぐお嫁に行くため京都を離れる友人と

お祝いランチをして

その後、ステラフォルテぷちサロンにて

彼女の今までの人生の振り返り

およびこれからの結婚生活について

占星術の観点からカウンセリングをさせて頂きました。

 

友人、仮にPちゃんと呼んでおきましょう。

PはパンクのPです。

ぱっと見、おとなしく可愛らしい清楚なPちゃんですが

中身はなかなか荒ぶる「人生の闘士」なので

以前から「普段着のパンクロッカー」と呼んでいたのです。

 

Pちゃんとは私が占星術を始めるずっと前から

東京から京都に流れ着いたエトランゼ同士ということで

時々ランチやディナー、あるいは

京都探訪のプチ歩きをともにして

人生や、人間のディープな内面について語り合う仲でした。

 

つい最近、彼女とラインしていて知ったのですが

Pちゃんが今住んでいるマンションを

引き払うのが来月、蠍座の満月の日で、そして

そこへ入居したのが8年前の蠍座の新月の日だった、と。

 

狙ってそうしたわけでなく、偶然なのですが。

 

蠍座は「この人!」と狙いを定めた相手に

ムイムイムイーーー、と入り込み

相手も、自分も変容していくのが至上の喜び♪

 

つねづね、結婚したいー、一人より二人がいいー

と言っていたPちゃん

無意識に「種まき」に最適な新月の日に今の家に入居し

そこで「都会で働いて一人で生きていく女闘士」として

働きつつ、ひそかに婚活も始めました☆

 

一生懸命お仕事をしつつ(蠍座的な職種です)

時としてうまくいかない婚活に嫌気が差しつつも

このたびとても素敵なお相手とめぐり合い

コトブキ退職という、とてもおめでたい理由で

満月の晩に心身ともに満たされて

新月の晩入居したマンションを退去して

新しい家族の待つ新居に向かうという。。。

 

蠍座の新月に始まったストーリーが

蠍座の満月の晩に完結するって

いやぁPちゃんアナタはパンクじゃなくて

アルケミストか天文博士か陰陽師か!と

コーフンしたのですが

 

きちんと鑑定料を頂いての占星術カウンセリングのため

改めて彼女のホロスコープを詳細にリーディングすると

やはり、ホロスコープの中にあるシナリオに沿って

人生は展開するのだなあと

感じ入ったのでした。

 

ここまではブログでアップしていいですよと

Pちゃんの了解は頂いてあるので

忘れないうちに記しておきます♪

 

Pちゃん

誠実で頼れる、そして人生の楽しみを共有できるお相手と

お幸せに。。。

 

 

☆☆☆

 

カウンセリング前に

北野天満宮をお散歩しました。

 

 

天神さんの牛さんと桜

img_6709.jpg

 

道真公が大宰府に流されたのを追って飛んでいった

飛び梅の子孫です。

 

img_6710.jpg



ページ上部へ戻る