お問合わせ

ブログ

西洋占星術に基いたカウンセリングとセミナーは、ステラフォルテ京都へ

宇多野・望月荘

〒616-8208
京都市右京区宇多野

妙心寺教室

〒616-8013
京都市右京区谷口唐田ノ内町

占星術と神話

占星術と神話〜白鳥の卵から生まれた双子のカストルとポルックス★

*ワンデイ講座募集中です* 

 

*****

 

 

太陽は現在、ふたご座を旅しています。

今日はふたご座にまつわる神話について書こうと思います。

 

牡牛座の回に引き続き

「美しい動物が綺麗なおねいちゃんに近寄ってきたらゼウスと思え。」

がふたご座でも繰り返されます。。。

 

アンタもスキねぇってやつです。

(私はカトちゃん派でした→いらん情報)

 

*****

 

スパルタ王の妃、レダは美女のほまれ高い女性でした。

美貌の王妃、とか綺麗なおねいちゃん、と聞くと

どうにもガマンできない神々の王ゼウス

今回は白鳥に姿を変え、獰猛な鷹に(わざと)追われます。

 

そして、「綺麗なおねいさん、たちゅけてーーーー!!」

と美貌の王妃レダのもとに飛んでいくと

心優しく美しいレダはまんまと騙され

「可哀相な白鳥さん、ここにお隠れなさい」と

両腕を広げてスケベ白鳥を迎え入れてしまいます。。。

 

やがてトツキトオカ、月は満ち。。。

 

レダはふたつの卵を生みます。

(オトウサンが白鳥だものw)

 

ひとつめの卵からはカストルとその姉クリュタイムネストラ

この二人は人間の血が流れており

ふたつめの卵から生まれたポルックスとヘレネ(いわゆるトロイのヘレン)

はゼウスの血が流れており不死身。

 

双子なのに人と神、という違いはあれど

カストルとポルックスはとても仲良しで

片時も離れずに育ち

ともに武術の名手でもありました。

 

牡羊座のもとになった黄金の羊を探しに

アルゴー船にも一緒に乗り込み航海の旅にも出ました。

 

が、このアルゴー船には彼らの従兄弟でやはり双子の

イダスとリュンケウスも乗っていました。

カストルとポルックスと従兄弟の双子はその後の人生において

揉めに揉めて。。。

 

ついには殺し合いのケンカになり

神の血が流れていない兄カストルは死んでしまいました。

 

最愛の双子の兄を亡くした弟ポルックスは

嘆き悲しみ、ゼウスの血を受け死ぬことのできない我が身を呪い

ついに父ゼウスの許へ自分も死なせてくれ!

と願い出ました。

 

父ゼウスも二人の兄弟愛にうたれ

その願いを聞き入れ

カストルとポルックス二人揃って

夜空に輝く「ふたご座」として、仲良く光を放つこととなったのでした。

 

めでたしめでたし。。。

 

 

★★★

 

というか、今ふと思い出したのですが

池田理代子氏の「ベルサイユのばら」の

オスカルがアンドレに愛を告げる場面で

「さながらカストルとポルックスのように」

と言っていたような覚えがあります。

 

「ベルばら愛蔵版」は先日カビが生えているのを発見して

断捨離したので確かめられないのですが。。。

 

オスカルとアンドレは幼いときから

片時も離れず共に育ってきたけれど

オスカルは伯爵令嬢で「オスカル」はラテン語で「神の子」

アンドレはオスカルの乳母であるマロングラッセばぁやの孫で平民

 

なるほど、そういうことだったのか。

ベルばらを初めて読んだのは小学生だったのでw

45年を経て今頃気がついた、というお話。

 

少年老い易く学成り難し命短し恋せよ乙女

昔の人の言うことは聞いとくもんだw

 

 

 

オレは四人兄妹の長男、キリっ!

 

img_4427.jpg


占星術と神話〜牡牛に化けたゼウスにさらわれたお姫様エウロペ

ステラフォルテ占星術セミナーベーシック

占星術とパーミストリー

募集中です♪ 

 

*****

 

西洋占星術と深い関わりを持つ

ギリシャ神話、ローマ神話の登場人物について

書いてみようと思います。

 

*****

 

ウカウカしてたら今日、太陽は牡牛座に入ったので

牡牛座つながりで

浮気者のギリシャの神々の王ゼウスが

牡牛に姿を変じてかどわかした

フェニキアの王女エウロペがトップバッターです。

 

*****

 

いずれのおんときにやあらむ(いきなりのパクリw)

とりあえずめっちゃ昔。

 

フェニキア(今のレバノンあたり)の王女エウロペは

ある日、海辺で侍女たちと水遊びをしていました。

するとそこへ、それはそれは美しい白い牡牛がやってきて

エウロペと遊び始めました。

 

とてもおとなしいのに人懐っこいその牡牛が

「おひめさま、おいらの背中に乗ってごらんよ」

というそぶりを見せたので

つい、牡牛にまたがってしまったエウロパ。

 

するとなんということでしょう、

牡牛はエウロペを背中に載せたまま

ぐいぐいとスイスイと沖へ向かって

海の波間を滑るように飛ぶように

すごいスピードで走っていってしまいました。

 

侍女たち大パニックw

しかしなすすべなし。

エウロパのオトウサン、フェニキア王も

二人を追跡するよう息子たちに命じますが。。。

 

その白い牡牛は天界いちの浮気モノ

オリュンポスの神々の王であるゼウスだったのです。

 

ゼウスにはこわーい奥さんの女神へーラーがいたので

浮気がバレないようにいろいろな動物に姿を変えて

おねいちゃんハンティングに精を出していたのです。

 

この日は白い牡牛に姿を変えて

かねてから目をつけていたプリティプリンセス

エウロペをさらったのでした。。。

 

ゼウスはあまりのことに顔面蒼白で泣きじゃくる(たぶんw)

エウロペを背中に載せたままクレタ島まで連れ去り

めでたく結婚します。

二人がフェニキア王の追っ手から逃げ回った場所が

「ヨーロッパ」=欧州の名前のもとになりました。

(綺麗なおねいちゃんを手に入れるためにどんだけ走り回ったんやw)

 

また、ヨーロッパという地名以外にも

木星(Jupiter→ジュピター→ゼウス)の第二惑星も

エウロパと名付けられています。

 

ゼウスとエウロパの間には3人の息子が生まれ

そのうちの一人がクレタ島の王ミノスです。

オトウサンは神々の王、オカアサンは人間とはいえプリンセス

なかなかの高貴な血筋の子どもたちではありますが

ミノスの息子ケンタウロスは暴れん坊の怪物ですw

(その話はまたの機会に)

(またの機会多すぎ疑惑)

 

とにもかくにも、これが牡牛座の始まり♪

 

ステラフォルテ占星術と神話あるある①

「美しい動物が綺麗なおねいちゃんに近寄ってきたらゼウスと思え。」

どーんだけーーーw

 

 

『天上の住人を夫に迎えたりせずにすみますように。

 ゼウスから逃げるすべなどないのです』

    アイキュロス「縛られたプロメテウス」

 

 

 

そこの綺麗なおねいさん、オレに乗ってごらんよ♪

(おのれ、お前ゼウスか!)

img_9099.jpg

 



ページ上部へ戻る