「占いと私」その8

知る人ぞ知る、知らない人は誰も知らない(そりゃそうだ)

密かな人気コンテンツ

なのにしょっちゅう連載中断する

私が「占い」というもの、そして西洋占星術にめぐり会うまでの

Me & Fortune telling的なパーソナルヒストリー、『「占い」と私』です。

 

☆☆☆

四柱推命の先生に、英語の仕事も占い師も両方向いていると言われた私。

どちらかをまず、プロと言えるレベルにしないと

一生器用貧乏のままやでと言われ。。。

 

「いったい私はどうすれば?」と先生に聞くと。

烏賊、じゃなくて以下、四柱推命の先生のお答え。

 

 

あなたは占い師の素質があるし、もしよかったら

私の内弟子にしてあげてもええよ。

でも、私のおすすめは。。。

占いは年いってもできるやん?

でも、英語の勉強は暗記も必要やし

ある程度若くないと無理やん?

せやし、まず英語の勉強を集中してやってプロになって

余裕が出たら占いの勉強を始める。

これでどうえ?

 

 

そうします!

母からの呪縛を解いくださった先生の言わはるとおりにします!

 

そして私は(まずは)英語のプロになるべく

某・通訳翻訳者養成校の門をたたいたのでした。

20世紀の終わり、1999年ごろだったと思います。

 

~つづく~

 

 

 

どーでもいいから、ハーネス外してくんないかな?

ぼく、月が牡牛座だから、「ここちよくないもの」大嫌いなんだ。

 

(ええ~~~、苦しくないように、一生懸命探したオーガニックコットンなのに。。。)

 

IMG_3646

 

 

 

 



ページ上部へ戻る