「占いと私」その7

 

 

 

知る人ぞ知る、知らない人は誰も知らない(そりゃそうだ)

密かな人気コンテンツ

私が「占い」というもの、そして西洋占星術にめぐり会うまでの

Me & Fortune telling的なパーソナルヒストリー、『「占い」と私』です。

 

☆☆☆

 

2回目の四柱推命の先生とのセッションで

英語の仕事も占い師も両方向いていると言われた私。

さあどうする???

 

というところからの続きです。

 

いきなり両方向いていると言われ困惑する私が

質問をするより先に先生がさらに説明してくださいました。

 

『アンタはな、基本アタマえーさかい、なんでもできはんねん。

それに器用やし、なんでもチョチョッとやるとすぐに

一応のレベルまで達するやろ?

それがアンタの人生のええところでもあり弱点でもあるねん。

何かひとつ究めへんかったら、器用貧乏のまま終わるえ。』

 

ギョエーーース、器用貧乏のままは嫌ですーーー!!

 

『せやし、英語も占いも向いてはんねんけど

いきなり両方するのんちごて

どちらかを先にちゃんと勉強してプロにならなあかん。

せやないと、どっちもチュートハンパなまま

器用貧乏まっしぐらや」

 

 

・・・・・・・やーよw

 

 

いったい私はどうしたら???

 

烏賊次号!じゃなくて、以下次号!!

変換が変だぞmy PC !!

(持ち主が変だから by PC)

 (烏賊のレシピを調べていたからです。。。)

 

☆☆☆

 

あさってから、占星術セミナーベーシッククラス

6時間インテンシブコース始まります!

今からのお申込みだとテキストが1回目に間に合わないけれど

私のをお貸しします!滑り込み受講歓迎!!\(^o^)/

(ただし女性only)(男子は涼しくなったら男子部作るよ!)

8月12日(日) 10:30~ ステラフォルテ京都 宇多野・望月荘にて

筆記用具とボイスレコーダー、お昼ご飯をご持参ください。

 

お盆休みの日曜から無理!というそこの貴女

2回目の8月26日(日)からでもいいですよ。

1回目「占星術の歴史、成り立ち、四元素について」は、2回目の前後に補講をします。

まずはお問い合わせください♪

 

 

 

 



ページ上部へ戻る