お問合わせ

ブログ

西洋占星術に基いたカウンセリングとセミナーは、ステラフォルテ京都へ

宇多野・望月荘

〒616-8208
京都市右京区宇多野

妙心寺教室

〒616-8013
京都市右京区谷口唐田ノ内町

牡羊座1度のサビアンシンボル

春分は太陽が牡羊座に入る日。

サビアンシンボルでは切り上げ度数で見ていくので

◎◎座0度→は1度、と表します。

 

2020年3月20日12時50分から3月21日12時59分まで

太陽は牡羊座1度にいました。

 

サビアンシンボルは

「女が水から陸へ上がり、アザラシも上がり女を抱きしめる」

 

19日までの魚座の海から、まだ生まれたてのフニャフニャの魂が

この地上へと上がり、現実の世界での人生という名の旅が始まるのですが

海(魚座の海、霊的な世界)の生き物であるアザラシが

いわゆるバックハグですね、(小栗旬にされたら鼻血出るやつ)

(絶対しねーから安心しな byしゅんくん)

後ろからガボッと女を抱きしめているので

生まれたての魂はもう後ろを振り向いて霊界の海には戻れないのです。。。

 

前を向いて、生きていくしかないの。

この世知辛い世界で。

 

アザラシはギリシャ神話や北欧神話においては

人魚や妖精に姿を変えることもあるので「変身」

のシンボルでもあります。

 

このサビアンでの「女」は

海から上がったマーメイドのような存在なので

アザラシは彼女自身でもあり、ガイドスピリットなのかもしれません。

 

。。。アシベのゴマちゃんはめっちゃ可愛いけど

ゴマフアザラシの大人って。。。アレよね。。。

 

だから、このサビアンの女も

マーメイドのキグルミの中の人はゴマフアザラシの大人だし

世知辛いこの世で生きていくうちに

たくましいオバタリアンになっていくのよねぇ。。。

 

 

 

 

「子犬がどら焼きに乗り、胎児のポーズで眠る。起きる気配はない」

そんなサビアンシンボルないシリーズ

 

img_3069.jpg

 

 

 

 

 

 



ページ上部へ戻る